グーグルが経団連入りの見通し

 グーグル日本法人が、来年早々にも日本経団連へ入会する見通しであることが18日わかった。

 毎日新聞によると、日本経団連は現在は重厚長大型の伝統的な産業が多く、今後はグーグルなどインターネット事業をグローバルに展開する企業を入れて拡大していこうとの思惑があり、またグーグルも日本を拠点にしてアジアでインターネットビジネスの主導権を手中に収めようと、両者の狙いが一致しているという。現在の会員数は1600以上あるが、外資系企業は少ない。

 インターネット関連企業では、これまでに楽天、ライブドアが一度は入会したものの、現在は退会している。楽天は退会理由として、電力会社擁護を挙げるなど、東京電力が主要ポストを占めることも多く、まだまだ新興企業にとっては肩身が狭いようではある。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる