橋下市長が週刊文春にまた「バ●」連発

 橋下徹大阪市長が、週刊文春(12月29日号)で「橋下徹 小沢一郎をコキ下ろした」との記事で、自身のツイッター上に21日、「バ●文春」と批判を展開した。

 「こらっバ●文春」と呼びかけ、「俺が小沢先生をこき下ろしただと!しかも知人に話したって、いい加減な記事を書くな!まず、俺にはそんなに親しい知人はいない。友達は少ないんだよ、バ~カ!だいたいな、人の悪口は、その人の前で言えと育てられたんだ」と発言したことを否定するとともに、批判した。

 今回の記事では、「小沢氏の失墜を見透かしているようだ」としている。週刊文春と週刊新潮はこれまでも「バ●」呼ばわりされており、記者の実名をツイッター上で展開したことがある。

 さらに今回は「●文春の記者は風ぼうからして怪しいんだよ。ストーカーのような風ぼうだぜ。そんなのが偉そうに講釈を並べるから日本が悪くなる。まずは身なりから正せ。俺は人の悪口は蔭では言わん」と罵倒した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる