有馬記念は3冠馬オルフェ優勝、今年8億円獲得

 競馬の第56回有馬記念が25日、中山競馬場で行われ、1番人気のオルフェーヴル(牡3)が優勝し、3歳馬の年間獲得賞金でも8億円を突破し史上最高となった。また、牡馬クラシック3冠に続いてG1レース4冠目。2着は4分の3馬身差でエイシンフラッシュが、ブエナビスタは7着に終わった。

 オルフェーブルは、中団のポジションを進み、直線は外側から先頭に並びかけて全馬を交わし、着差以上に強さを感じさせる内容だった。

 これまでの3歳馬のJRA年間獲得賞金では、1位ナリタブライアン(7億1280万円)、2位ディープインパクト(6億7606万円)。オルフェーブルは有馬記念出走前まで6億1595万円で3位だった。これで、有馬記念の1着賞金2億円を加えて史上最高となった。

 国内敵なしとなったオルフェーブルには、ドバイワールドカップ、凱旋門賞などのタイトルも来年は視野に入ってくるだろう。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる