みのもんたさんが一声で40億円を動かした

 キャスター、みのもんたさんが番組で小中学校の校舎の耐震化を呼びかけたところ、大阪・高石市が来年度までに約40億円をかけて公立の小中の施設の耐震化率を100%にすることが決まった。みのさんの一声が自治体を、さらに40億円を動かした格好だ。

 12日のTBS系「みのもんたの朝ズバッ!」の生放送で、毎日新聞の紙面の「小中「ズバッと」 みのさん苦言で耐震化率100%に」という記事を取り上げる形で結果報告した。高石市は文部科学省の発表で耐震化率は全国最低の7.3%(全国平均62.3%)だっため、みのさんに批判されていた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる