スペイン国王の年収初公開3000万円

 スペイン王室は29日、ファン・カルロス国王(73)の2011年の年収を史上初めて公開し、29万2752ユーロ(約3000万円)だとわかった。

 英BBCによると、スペインの国家予算で王室関連予算は総額約840万ユーロになる。カルロス国王は29万2752ユーロ(約3000万円)で、フェリペ王太子は約14万6000ユーロ(約1470万円)だった。

 厳しい財政事情を反映してか、王室の年収は昨年、一律15%削減となり、今年も据え置きだという。国王の所得税は40%。職員・スタッフは約500人いるのだという。

 王室も、財政が厳しい中で国民の理解を得るため、透明性を高めることは不可欠だと判断したという。英国でも女王の給与を時限的に凍結する法案が議会を通過するなど、世界の王室も緊縮財政、透明化、という流れに向かっている。


スペイン王室、ファン・カルロス国王(左から2人目)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる