世界最高レベルの燃料電池(日本ガイシ)

 日本ガイシは11日、世界最高レベルの固体酸化物形燃料電池(SOFC)を開発したと発表した。今後、燃料電池の普及が期待される事業所や家庭での実用化を目指す。

 発表によると、SOFCは世界最高レベルの63%の発電効率と90%の高い燃料利用率だという。長年培ってきた高度なセラミック技術を駆使して独自構造のSOFCセルとスタックを開発し、出力700W、作動温度800℃の定置型スタックで世界最高レベルを実現したという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる