米HP元社長のセクハラの文書を公開

 米コンピュータ大手ヒューレット・パッカード(HP)で、元CEOのハード氏が辞任のきっかけとなった女性契約社員ジョディ・フィッシャーさんの告発書面がこのたび、公開された。


ジョディ・フィッシャーさん
 米WSJ系列のサイト、オール・シングズDに書面のコピーが掲載された。書面は全部で8ページに渡るもので、社内調査ではなかったことになったセクハラだが、端的に言うなら、調査を覆す「セクハラがあった」とする内容となっている。

 「あなたは、わたしを自分の愛人にする目的だったのは明白よ。HPのCEOという地位とお金を利用して」と切り捨てている。

 また、07年の採用面接で、コロラド州のホテルで行われた2度目の面接には、ディナーの席に誘われたのだという。しかし、それは「デートのようだった」としている。そして、後にハード氏はフィッシャーさんに「特別な時間だった」と語っており、男女としての感情を持っていたことがうかがえる。

 さらには、最後に会うことになった日には、ハード氏がフィッシャーさんの体を触ってきて、キスをせがんだという。

 フィッシャーさんは元女優で、美しいルックス。ハード氏が恋愛感情を持ったことは予想できる。

 一方でハード氏はそれまで、HPの業績を引き上げることに成功し、同社の株価も好調に推移していた。それで気分が大きくなっていたのか、ある種の会社の私物化を働いたことになる。

 ハード氏は辞職後、オラクルに引き抜かれ同社取締役に。一方のHPは、計画の未達が相次ぎ株価が半分以下となっている。
Allred Letter Redacted New

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる