ホームセキュリティを入れると泥棒が入るワケ

「ホームセキュリティに入ると泥棒が入りやすい」「ホームセキュリティに入ったばかりの家は泥棒に狙われる」という都市伝説のようなウワサがあるのをご存知だろうか? 今回話を聞いたプロファイラーの松田英貴さんによると、実際にそのような傾向はあると言う。しかし、「ホームセキュリティに入ったから泥棒に狙われたのではなく、他のところに原因はある」とのことだ。

生まれる安心の隙

一体、どういうことなのだろうか?


 「ホームセキュリティに入ったことで、『これで守ってもらえるから安心だ』と、加入以前までなら当たり前のようにやっていたことをやらなくなってしまうケースがあります。このように、油断してしまうことがまずいんです」ということである。

つまり、油断することで、それまではなかった“隙”が生まれる。この隙が、家の内外にそこはかとなく滲みでて、泥棒の目に留まるのだという。

家の鍵をかけ忘れるなどというのは論外だが、「全ての窓の鍵をかける」「植木の手入れをこまめに行う」「数日の留守にするときでも、その間は新聞を止める」といった、細やかな日常での注意は防犯上とても大事なのに、そういったことをおざなりにしてしまう傾向があるようだ。

そういったサインが出てしまうことで、プロの泥棒は確実に情報としてキャッチし、泥棒に入る……ということなのだ。

しかもプロの泥棒たるもの、確実な仕事をする自信がある。そのため「実は、泥棒って留守の間だけに入るものではないんですよ。家に人がいても入るんです」と、さらなる驚きの情報が。

1階で家の住人がテレビを見ているようであれば、2階の寝室などに忍び入る……なんてこともある。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる