なでしこ「世界一の監督」ノリさんの今後

 ロンドン五輪の女子サッカーで、宿命のライバル米国に破れたものの、日本サッカー史上最高の成績を残した「なでしこJAPAN」。昨年のW杯を優勝するなど、日本全体に希望をもたらせてくれた現チームもこれで一旦は「解散」ということになる。そこで気になるのが、なでしこを率いて約5年になる佐々木則夫監督(54)。日本サッカー史上最高の名将も9月で一旦は契約が切れるが、今後は?

古巣入りか?


佐々木則夫監督、澤穂希選手
 世界最強の米国と死闘の末に敗れた日本。W杯に続いての五輪優勝とはならなかったが、ロンドン五輪は、佐々木監督が築き上げたなでしこたちの文字通りの集大成というにふさわしい結果、そして内容だった。

 戦いは終わり、戦士たちは今後それぞれの道を歩むことになる。もちろん、その輪の中心にいた指揮官「ノリさん」こと、佐々木監督も、新たな道を歩むことになる。まだ54歳という指導者としては年齢が若く、9月に代表監督の契約が切れるが、今後を巡って、すでにストーブリーグは始まっている。

 全国紙デスクは「まだ報道はされていませんが、最も欲しがっているのが大宮アルディージャではないかと言われています。これまでの縁から考えれば、大宮に戻るのが既定路線というところでしょうか。条件的にLリーグということはないですし、まぁ、将来的には中東や中国のクラブか、という話もないとは言い切れませんが…」と話す。

 女子で世界を制した監督だが、日本Lリーグをはじめ、世界的に女子のチームは経営が厳しいところも多く、佐々木監督を招へいするには条件的には厳しい。やはり縁深い大宮が有力だろう。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる