レッスン1回161円で急成長の英会話スクール

 市場調査会社大手の矢野経済研究所によると、2011年度の語学ビジネス市場は前年度比2.2%増の5108億円の規模になった。大手企業の社内英語の公用化や、グローバル化にともなう海外事業の拡大などにともなって、ビジネスパーソンでの間でのニーズが伸びていることが主な市場の押し上げ要因となっている。また、分野別で見て成長が著しいのがパソコン上で学習を行うe-learning関連で、市場規模こそ47億円ながら同34.3%の高い伸びを示していることがわかった。

レッスン1回161円で急成長

 そのe-learning関連でいま最も注目されているのが、無料のオンライン電話・スカイプを利用した「ラングリッチ」の英会話レッスンである。同社のサービスの特徴は、1回当たり25分のレッスンを毎日受けても月額料金は4980円であることだ。

 毎日レッスンしたとすると1回当たりの受講料はわずか161円。それにもかかわらず、早朝5時から深夜1時まで自分の都合に合わせて受講ができるなど質の高いサービスを提供していることで、受講登録者の数を急速に伸ばしている。

 どうしてそんなことができるのか? その謎を解き明かすカギはレッスンの講師にある。2010年4月に会社を設立し、同年7月からレッスンをスタートしたばかりのベンチャー企業である同社が目をつけたのがフィリピン、それもリゾート地として知られるセブの人材を講師として活用することだった。

 代表取締役の大竹智也さんは次のようにいう。 

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる