庶民の味方、社民・福島瑞穂党首は預金1億円の富裕層

小泉元首相の郵貯の額は?

 政治と金の問題から資産と所得が公開されるようになったのだが、そうした大局とは無関係のところで、資産、所得についての意外な部分を紹介する。

 まず、前回の総選挙で郵政民営化を掲げて戦った小泉純一郎元首相。郵便局など目もくれないのだろうか、と思いきや郵便貯金を10万円だけ持っている。しかも国債は1700万円あるが、これは郵便局で買ったのだろうか? 

 日テレ系「行列のできる法律相談所」で橋下徹大阪府知事のライバルだった、丸山和也参院議員は、実は日本株14銘柄、外国株9銘柄をそれぞれ保有している。TVでは決して見せることのない投資家の一面をのぞかせる。ちなみに日本テレビ放送網も20株保有している。

 丸川珠代参院議員は、東大卒の元テレ朝アナウンサー。特に目立つような資産はないものの、古巣のテレ朝株を4株だけ保有していた。

 次期自民党総裁候補の一人ではないかと目される、舛添要一厚労相は社債を3億1899万円分保有している。また預貯金2000万円、郵貯が100万円あった。

 杉村太蔵衆院議員はブログで「そんなものを時間かけて、手間暇かけてやったところで本当にこの国の20年後、30年後のためになるのかな。資産公開のために要した時間、これは国家的損失ですよ」と制度を批判したことがある。収入は歳費以外に株式譲渡益で490万円、原稿料235万円あった。実は、ちゃっかりと他でも稼いでいた。(つづく)

 YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)の本記事は、特定の政党、個人の支持、不支持を勧めるものではありません。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる