京都府の年収1000万円比率と世帯年収、1位精華町

 ゆかしメディアは総務省のデータを基に、京都府内の各市町村の平均年収と年収1000万円以上の世帯の比率を試算した。その結果、精華町が最も平均年収が多く604万円で、年収1000万円以上の世帯も18.56%と最も高かった。

上位10位以内に京都市は西京区だけ

 精華町は唯一、世帯平均年収が600万円オーバーで、年収1000万円以上の世帯もほぼ5件に1件近い割合となった。上位にいる自治体は、京都市の中心部よりも市外の南部と西部に偏る傾向にあり、大阪、京都の中心街に電車で30分前後での移動が可能な地域となっている。

1 精華町 604万円 18.56%
2 木津川市 545万円 8.75%
3 大山崎町 530万円 7.17%
4 長岡京市 524万円 8.93%
5 京田辺市 517万円 9.80%
6 西京区 512万円 8.69%
7 宇治市 502万円 6.54%
8 八幡市 498万円 7.24%
9 城陽市 495万円 7.38%
10 亀岡市 490万円 7.04%

 京都市内で上位十傑に入っているのは西京区のみだが、ほぼ市外のその周辺部に広がっている。精華町をはじめとして、こうした都市は大阪のベッドタウンとしては人口が増えた都市でもある。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる