世界一稼いだヘッジファンドマネジャーのテッパー氏、トランプ候補を痛烈非難

 年間報酬額1位に何度も輝いたヘッジファンドマネジャーのデビッド・テッパー氏が、今回の大統領選ではヒラリー・クリントン候補を支持すると公式に発表したと、ビジネスインサイダーが報じた。
 テッパー氏は大統領選に限らず、これまで特定の政党や候補に対する支持を表明してこなかった。今回の発表が初めてのこととなる。
 ヘッジファンド、アパルーサマネジメントのCEOであるテッパー氏は、現地時間の月曜日にCNBCの番組で民主党の候補に投票したと話した。

 テッパー氏はドナルド・トランプ候補が大統領になった場合の先行きが不透明であると言っており、またその根拠を詳しく述べた。
「彼は演台で発した自身の発言を思い出すべきだ」と、トランプ候補の過去の発言に関して批判している。

 テッパー氏の批判は政策のほかにも、トランプ候補がハリケーン「サンディ」の被害者や9.11のテロの被害者に対し寄付をほとんど行っていないことにも及んでいる。
「彼の行動を見れば、トランプ氏が慈悲の心を持つ寛大な人物とは言えないことがわかるだろう。彼は天使の仮面をかぶっているが、実際のところは嘘で塗り重ねた人物だ」

 テッパー氏は以前も、名前こそ特定しなかったが今回の候補者2人を「1人は法的に疑わしい点のある人物で、もう1人は認知症で自己に陶酔している卑劣な人物」と言っていた。その際は「どちらの候補に入れるかは、各人が己の判断に基づいてすればよい」と具体的な支持者を明らかにしていなかったが、今回のクリントン氏表明は、FBIの捜査終了などの理由もあると考えられる。

 テッパー氏は同時にこうも言っている。
「選挙終了後、人々が様々なことに関してしっかりと手を組み、力を1つにして動いていけることを期待している」

 テッパー氏は2009年には年間報酬が40億ドルを記録するなど、その報酬額の高さはヘッジファンド史上でもトップクラスだ。
 寄付には熱心で、教育や学校には巨額の寄付を行っている。

・【ヘッジファンドマネジャー列伝8】年俸4000億、リターン149% 豪快運用のデビッド・テッパー
・ヘッジファンドのすべて 解説~運用成績20%超高利回り商品の購入方法まで
・ヘッジファンドマネジャー列伝 完全版

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる