まさか東京でマネーロンダリングが行われていた?

 今年秋に競馬の配当金160億円を申告しなかったとして、東京都内のデータ分析会社と英国人社長が、所得隠しを指摘された。当時は、海外逃亡した社長を捜査できなかった税務当局の限界や、なぜ160億円も稼げたのかというような報道が目立った。今年最も謎だった事件の一つだが、真相は?

 朝日新聞によると、この会社は2007年までの3年間で160億円の所得を隠したとして、国税局が法人税法違反(脱税)容疑で同社を査察。その後、社長が海外に出国したため、告発を見送り課税処分とした。重加算税を含め追徴税額は60億円。

 所得隠しを指摘されたのは、香港に親会社があるデータ分析会社「UPRO(ユープロ)」。独自のコンピュータープログラムで結果を予想し、億単位の資金で馬券を購入、巨額の利益をあげていたという。その配当金の多くは海外に持ち出されていた。

 しかし、どう考えても、3年間で160億円を稼ぐということ自体が競馬では不可能に近い。報道によると、必勝ソフトを使い様々なデータを入力すると、買い目が出るのだとか。だが、競馬は25%(一部の馬券は20%)の税額が予め控除されている。その上で巨額の利益を得るのは、どう考えても不思議だ。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる