後藤真希さんを育てた名物母さん

 “ゴマキ御殿”と呼ばれる東京・江戸川区の豪邸の3階から一人の女性が転落死するという出来事が先日起きた。この女性とは、元「モーニング娘。」の後藤真希さん(24)の母・時子さん(55)。女手一つで、ゴマキ、ユウキという2人のスターを育て、誰からも愛される名物母の早すぎる死は、家族、関係者のみならずファンをも巻き込み多くの人たちを悲しませた。

             ◇ ◇ ◇

 それほど広くはないものの、どこか明るく華があり、地元の人やファンであふれて、いつも笑い声がこだまする飲食店。ここは長身であか抜けした風情の時子さんが営む店舗で、時には真希さんの姉が手伝うこともあった。芸能関係者だけでなく、ファンにも分け隔てなく接し、誰からも愛された評判の時子さん。それだけに今回の死は関係者だけでなく、地元の人やファンにも衝撃を与えたことは言うまでもない。

 1男3女の子宝に恵まれた後藤家。しかし、ゴマキが小学生の時に父・勝一さんは事故に遭い亡くなった。それ以来、時子さんが女手一つで子供を育て上げた。特に兄弟の中でも父親似だったのが真希さんと、ユウキ。その2人が芸能界入りする際にも特に反対はしなったという。「10年に1人の逸材」とつんく♂氏から評された逸材・真希さんは、1999年に衝撃的なデビューを飾った。ここから、後藤家に大きな変化が起こっていった。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる