兼業でも株で1億円を達成する方法

空売りは危ないと思っていた


ふみちゃん氏
 2003年から株式投資を始めたふみちゃん氏。関連する書籍を約50冊読んで勉強したという。2005年までには、資金は最初の200万円から800万円まで増えていたという。

 「単純に地合いが良かったんだと思います。でも2006年のライブドアショックで、利益がほとんどなくなって資金が最初の200万円くらいに戻りました。これをきっかけに、もう一回勉強しなおして、買い(リバウンド買い)と新興株の空売りを始めました」

 2006年に、新興株が午前はほとんどがストップ安だったにも関わらず、午後は一転してプラ転、ストップ高になるという珍しい1日があった。1日のうちに、尻尾と頭を同時に取ることができたという、羨ましいお祭り相場。ふみちゃん氏はその日だけで、約100万円の利益を出したという。

 300万円を元手に1日で100万円を稼いだ。もちろん、兼業だけに十分すぎる戦果であることは言うまでもない。2007年に1000万円を突破し、その後は順調に利益を伸ばしていき6000万円を超えている。

 ふみちゃん氏のそうした手法を、ロングオンリーで空売りの経験がない投資家向けに、エッセンスだけをごくごくシンプルに説明してもらうことにした。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる