チョコレートで起業し成功した中国人少女(1)

就職浪人危機から一転


何寧(かねい)さん
 チョコレートはヨーロッパをはじめ、日本でも親しまれているお菓子だが、中国での消費量は少なく、まして本格的なチョコレート“専門店”はわずか。そこに目を付けたチョコレート好きな中国の少女が事業を起こし、大成功を収めている。

 彼女の名前は何寧(かねい)さん。中国河南省中部の鄭州出身で、2004年に鄭州大学を卒業した。良くて70%と言われる中国の新卒就職率。就職浪人する者も少ないわけではなく社会問題化している。何さんも、そうした空気を感じ取っていたのかもしれない。

 何さんは就職活動をする気がなかったが、自分の好きなことをしたいと考えていた。その時、インターネット上で偶然見つけた「手作りチョコレート」のページが運命の扉を開くきっかけとなった。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる