高級旅館より彼女を喜ばす“究極の温泉宿”とは?【1】

高級旅館にはもう飽きた!? そんな彼女を連れていきたい宿


 猛暑だった今年の夏も終わりに近づき、朝夕に秋の訪れを感じるこの頃。そろそろ秋から冬へかけての温泉シーズンが到来します。そこで「YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)」は今回、恋人や気になる女性を連れていくのにおすすめの温泉宿をピックアップ! 箱根や伊豆のラグジュアリーな温泉宿には行き飽きてしまった、そんな彼女のハートもがっちり掴める!? いつもとはちょっと違った宿のセレクトのご参考にどうぞ。

 今回は温泉宿を以下の3つのカテゴリーで紹介。
【1】ラグジュアリー×大自然でゆったり、癒しの宿
【2】いつもとのギャップで勝負!
   究極の秘湯で混浴デート
【3】女性なら誰でも気になる「美肌」の湯

 自然をたっぷり味わえるラグジュアリーな宿から、美を追求する女性に教えたい美肌の湯の宿まで。どれも女性目線から評価の高い厳選の温泉宿です。

【1】ラグジュアリー×大自然でゆったり、癒しの宿

 ラグジュアリーホテルや高級温泉旅館に行きなれた彼女を連れていくなら、知る人ぞ知る隠れ家的温泉宿や、大自然を満喫しながら快適に過ごせる宿がおすすめ。近場の宿では味わえない癒しの空間で、彼女の心も開放的になるはず。

◆1年先まで予約で埋まる、知る人ぞ知る隠れ家―「岩の湯」


 長野県の山奥にある知る人ぞ知る名旅館、仙仁温泉の「岩の湯」。公式ホームページがないにも関わらず、クチコミで評判が広がり、約一年先まで予約でいっぱいという隠れ人気旅館です。

 駐車場に到着すると、中世ヨーロッパを想わせるようなクラシカルなマントを羽織った男性が颯爽とお出迎えしてくれます。旅館内に足を踏み入れれば、そこはまるで別世界。館内の至る所には書物がたくさん置かれた書斎や、ソファが置かれたラウンジ、日光がよく差し込むテラスなどがあり、まるで北欧のお屋敷にでも迷い込んだような気分になります。

 浴室は貸切露天風呂、男女別大浴場、家族風呂。そして、何と平安時代末期からあるという奥行き30メートルの洞窟風呂があります。洞窟風呂は少し入っているだけでも大量の汗をかき、まるでサウナに入っているよう。この洞窟風呂のみ混浴ですが、湯浴み着があるので女性も気楽に入ることができます。貸切露天風呂は時間制ではなく、空いていればいつでも入れるので、時間を気にせずのんびりと湯に浸かれるため好評です。

 夕食は「料亭深仙庵」の個室でゆっくり時間をかけながら、宿自慢の懐石料理を。料理目当てのリピーターも多いだけあり、東京の料亭に引けを取らないレベルの高さと繊細さ。一皿ずつ、客の会話や食べるスピードを見計らい、絶妙なタイミングで運ばれてきます。温泉・設備の素晴らしさはもちろんのこと、スタッフのおもてなしも、近すぎず遠すぎずちょうどよい距離感。遊びを知り尽くした大人にこそ訪れてほしい、極上の癒しの宿です。

【花仙庵 仙仁温泉 岩の湯(かせんあん せにおんせん いわのゆ)】
住所:長野県須坂市仁礼3159
電話:026-245-2453

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる