「本当に10億円稼ぐ方法」(テリー伊藤氏)

本当に金儲けは苦手です

 富裕層でさえも普段は口にする機会があまりない10億円という金額。しかも、このご時世にゼロから10億円稼ぐビジネスを本気でやろうというプロジェクトが始まった。その仕掛け人は演出家、テリー伊藤さん。自腹を切ったドキュメンタリー映画「10億円稼ぐ」として公開される。キャラクタービジネスに目をつけて、デザイナー発掘に始まり、「ナニティー」というこうもりのキャラクターを開発、それをガチで売り込みに回る。

 実は「金儲けは大の苦手なんですよ」というテリー氏が、なぜ10億円を稼ごうと考えたのか、さらにはどうやって10億円を稼ぐのか? テリー氏に聞いた。

 ―なぜこの映画を作ろうと


テリー伊藤氏
 テリー)漠然と映画というものを作りたいと思ったんですけど、ドキュメンタリーでもバラエティーの手法を活かして笑いのあるエンターテイメントを何かやりたいなと。テーマは、いじめ、介護、沖縄の基地、動物、環境破壊とか。それもいいんですけど、そういうのを追いかけても自分の持ち味ではないし、じゃあ、何をするかって、金儲けをドキュメントでやっていきたいなということになったんです。

 僕自身は大の苦手なんです。みんなに「本当?」とよく言われるんですけど、「テリー、お前TV出てるから、金もらってるだろう」とかみんな言いますけど、TV局の人がたまたま僕にお金をくれているだけで、自分がちゃんとした実業しているわけじゃないんですよ。

 たとえば、渡邉美樹さん(ワタミ創業者)のような人はビジネスがうまいけど、(ビート)たけしさんが金儲けうまいかって言うとそうじゃなく、ギャラがいいだけだと思うんですよね。金儲けは、僕が一番苦手なことです。だから、挑戦してみたいというのがあったんです。

1 2 3 4 5
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる