富裕層の間で流行る書籍出版

ゆかし会員の書籍を集めたブックフェア開催!


ブックファースト銀座コア店にて開催された、 ゆかし会員の書籍のブックフェア
 自分の著書を出版するということは一般的に考えれば一大事であり、普通はそんなチャンスに恵まれることさえなかなかありません。しかし富裕層にとって、著書出版はごく日常的なことです。本業である仕事を頑張っているうちに生まれてきた副産物くらいの感覚の人や、本業も激務なのに仕事と直接関係ない書籍を量産している人もいます。

 実際、プライベートクラブ「YUCASEE(ゆかし)」の会員にも自分の著書を出版している方が多く、「今度こんな本を出します」「来年大手出版社で著書の出版が決まりました!」という会話は日常茶飯事。昨年はブックファースト銀座コア店にて、ゆかし会員の本だけを集めたブックフェアも開催され、好評を博しました。

本職以外に多数の著書を持つ
東大卒弁護士

 例えば、東大卒のカリスマ弁護士であり、ゆかし会員でもある荘司雅彦さんもその1人。本業である法律以外に、中学受験、最短で結果を出す勉強方法、時間の使い方など、様々なテーマの著書があります。自分の娘を私立中学の東京御三家の1つ、桜蔭中学校に合格させたノウハウを書いた『中学受験BIBLE』(講談社)は大ベストセラーとなりました。

 また、2009年1月に荘司さんは新刊『六法で身につける荘司雅彦の法律力養成講座』(日本実業出版社)を発売。この本を、同じくゆかし会員であるカリスマアルファブロガー、小飼弾さんが読み「こういう法律の本を待っていた! 間違いなく著者の最高傑作であり、一般向け法律本のあり方を根底から覆す」とブログで大絶賛していました。そんな小飼さん自身も、元ライブドア取締役という知名度とオープンソースプログラマーという仕事を活かし、多数の書籍を執筆。2009年3月には『小飼弾の「仕組み」進化論』(日本実業出版社)が出版されています。

 このようにお互い富裕層、お互いゆかし会員であることを知らずに本を読み、どちらも相手の本に感銘を受けていた、という現象もあちこちで起こっているようです。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる