30代で年収3000万円を実現した人の特徴

 30代で年収3000万円。この数字を実現することがいかに大変であるかということは、稼いでいる人ほど実感としてわかるのではないか。では、該当する人とはどのような人物なのだろうか? 実際に対象者300人を調査、そのうち100人以上に会って取材をした、経営コンサルタントの竹内正浩氏に聞いた。

0.3%しかいない30歳代で年収3000万円

 ところで、なぜ3000万円以上なのか。30歳代という年齢を考えれば、相当なハードルであることは解る。

 労働人口が6650万人(「平成20年 労働力調査年報」)、年収3000万円超の人は16万353人(「税務統計 申告所得税」平成20年分)ということを考え合わせれば、労働力人口のわずか0.3%に過ぎない。竹内正浩氏がなぜ年収3000万円以上にこだわったのか、気になるところではある。


 「年収2000万円や1000万円は、会社に勤めている方でも頑張れば稼ぐことは可能です。ただ、年収3000万円となると、会社務めをしている方ではほぼ不可能な水準で、普通の人生でなくゼロから人生を切り拓いてきた可能性が高いと考えたからです。『何があっても自力で稼ぐ人になる方法』ということにこだわりたかったので、それを満たす一つの基準として3000万円に行きつきました」

 また、それを30歳代で実現するとなるとより困難だ。だが、そうした困難に自ら挑んで実現したところに、意味があると考えたからだという。そうした人たちに会うために、竹内さんは日本全国を駆け巡った。2年の歳月を要したという渾身の取材から、浮き彫りとなった。

 次ページからその特徴を見ていくことにする。

1 2 3 4
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる