早期退職希望が続出の大阪市役所、原因は知事?

 11月27日の大阪市長選と同日選になると見られている大阪府知事選挙。春の府議選、市議選に続き、「大阪秋の陣」と呼ばれるこの両選挙に向けて、市職員と関西電力の関係者がそわそわしている。府知事を辞任し、市長選に鞍替え出馬するとみられている橋下徹知事が、「敵は市役所と関電」と明言している。

橋下知事は大阪市に前のめりも後継者はまだ?


大阪市役所
 橋下知事が掲げている大阪都構想には市改革が必須で、「橋下氏が市長になったら早期退職する」と宣言する50歳超の市職員が続出。一方の関電は、地域経済に絶大な力を持ち、既存勢力の象徴とされた。今夏の電力不足にからむ節電要請についても、「一方的で説明不足」と切り捨てている。大阪の運命を決める秋の陣まであと3カ月――。

 橋下知事は8月上旬、「大阪府は改革をやり続け、今年度は1000億円近い貯金ができた。しっかりと次の知事に使い方を考えてもらいたい」と話した。知事選には「次の知事」を擁立し、自分は市長選に出馬することを宣言した発言ととらえられた。

 もっとも、橋下氏が知事を辞任して市長選に打って出ると、知事候補が必要になるが、誰を立てるのか、まだ聞こえてこない。テレビキャスターの辛坊治郎氏らの名前が挙がっているが、辛坊氏に関しては、「キャスターとして全国区になることを夢見ており、知事選には出ないだろう」(テレビ局関係者)との声が強まっている。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる