今から仕込んで株価10倍を狙う復興銘柄

 年初来安値を更新した日経平均株価8590.57円(9月6日終値)。この先はいかにも不透明で、投資家も不安が募る。だが、いつの時代でもスター銘柄は出てくるもの。こんなご時世でも10倍高を狙ってみたい、という投資家のために、これまで通算4度の10倍高(テンバガー)を経験した個人投資家・鮎川健さんが、10倍高も可能な復興関連銘柄を挙げた。

低迷相場でも復興関連銘柄がある


家屋の2階に乗り上げた遊覧船「はまゆり」(岩手県大槌町)
 以前にも「ゆかしメディア」に登場した鮎川健さんだが、もう一度簡単に紹介しておく。過去には以下の4銘柄で最高で株価21倍を経験。一戸建て、フェラーリを現金で購入した豪腕投資家でもある。

「あしぎんFG」21.0倍
「オリエント時計」17.2倍
「日本エコカ」11.2倍
「アドバンスクリエイト」10.6倍

 8月に入ってからというもの、世界各国で相場は大荒れ。投資戦略を貫徹するもよし、あるいは、抜本的に見直すのもまた良いだろう。今回、鮎川さんが先を睨んで目を付けたのが「復興関連銘柄」だ。しかし、あまりにも幅は広い。

 「某証券会社のサイトによれば震災復興銘柄のカテゴリに440余りの銘柄がひしめきあっていますが、それをバカ正直に丹念に調べ上げていたら、震災復興特需が終焉しかねません」

 そこには株価が上昇する可能性が低いと見られる「死火山銘柄」と、今後上昇する可能性が高いと思われる「休火山銘柄」がある、と鮎川さんはいう。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる