名門女子大生の卵子ビジネスのエグい実態

 中国では、卵子の売買は禁止されている。ところが今、女子大生をターゲットにした“卵子ビジネス”がひっそりと流行しているという。しかも、出身大学が名門であればある程人気が高く報酬も多いといい、流行するのも無理はないか。

有名女子大は卵子ビジネスではブランド

 有名大学でない場合は5000元(約6万円)、それなりの知名度がある北京師範大学で2万元(約24万円)、中国屈指の名門校・北京大学や清華大学に至っては、3万元(約36万円)と高額な値段で取引されている。学生が閲覧するサイトや大学構内には、卵子提供者を求める広告があちこちに張られているという。

 “陽光代孕公司”はこうしたビジネスを行っている仲介業者の1つだ。女子大生は、こうした会社のサイトからそれぞれ、出身大学や血液型などを登録する。利用者とのマッチングは対面式で行われる。この仲介業者では、毎週土曜日に面談を行っていて、毎回利用客は10人あまり、提供者は20人以上集まるのだという。利用者は毎回300元(約3600円)の活動費を支払わなくてはならない。


(写真はイメージ)
 卵子利用者は皆40歳以上で、中には50歳を過ぎた人もいる。面談は、利用者と提供者が直接会話することはなく、すべて仲介業者を介して行われる。

 利用者が求める条件は様々だ。ある客は、有名大学出身で、色白、二重まぶたの女性を希望し、ある客は夫婦ともに一重まぶたなので、一重の女性を求める。その他、血液型、出身地など、それぞれ自分の条件に合った女子学生を選ぶのだ。

 卵子提供が決まると、血液検査やエコーといった身体検査の後、排卵を促すためのホルモン注射が行われる。

 今年20歳になる李青(仮名)さんも、卵子提供を行った一人。卵子提供したことを“後悔していない”と話す。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる