元巨人・清武氏に「ポスト池上彰」の声も

 プロ野球の巨人を解任された、球団代表の清武英利氏(61)。25日に東京都内で記者会見を行い、読売新聞本社グループ会長伊・主筆、巨人軍会長の渡辺恒雄氏からの恫喝や、コーチ人事の裏側などを明らかにした。注目される奥の手だが、ここでも封印。メディアは肩透かしを食ったようだが、それでもTV業界は早くも清武氏に注目し、争奪戦になりそうだという。「ポスト池上彰」という声も出ている。

ずば抜けた記者実績


清武英利氏
 「ナベツネさんに盾突いたという点でもインパクトがありますし、報道番組だけでなく巨人のGMを経験しているので、スポーツニュースまでいけるでしょう。新鮮さが薄れてきても、記者としての実績はずば抜けていますから、どこも欲しいのではないでしょうか」

 キー局の制作関係者は話す。何と言っても記者としての実績は、山一証券経営破たんをはじめ数多くのスクープをものにしてきており、現役のキャスターレベルでは突出している。実は記者としてそれほど実績のない池上氏よりも評価は高く、「ポスト池上彰」と声が出るのも無理ではない。

 25日の記者会見では、この日の記者会見でも、記者だけで200人以上が集まり、運動部と社会部が出席した全国紙もあった。それだけの注目を集めていることは確かなのだ。

 ただ、外国特派員協会で行ったにも関わらず、海外メディアの報道はなく、ほとんど自爆に近い。スポーツ紙などは3ページ丸ごと報道したところもあったが、それでも、内容的には酷評に近いものだった。

 それでも「世間に与えたイメージは強いですよ」と前出のTV局員は言う。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる