橋下徹市長が副市長人事で「モンスターぶり」発揮

 橋下徹大阪市長の就任から1カ月。職員給与については、今年4月から2015年3月まで、3~14%、退職手当は5%カットする案も提示し、「予想通りの大改革が始まった」(30代男性職員)とされ、3月末付けの早期退職に650人もが殺到した。一方で「予想外だったのは副市長人事」(同)という。今年3月末に退職する予定だった局長と、退職して外郭団体理事長を務めている職員OBの起用を決めたからだ。「市長になびけば、いいことがあるという“アメ”に感じられた」(40代男性職員)という。

人件費削減額は123億円に


橋下徹氏(公式サイトより)
 給与・退職金削減案は19日、職員約3万人が加入する市労働組合連合会(市労連)に示された。橋下市長が、前職の府知事時代に行った府職員の給料カット並みの率だった。実現すれば総額で123億5000万円の人件費削減となる。

 この案を組合に説明したのが、副市長への登用が内定している村上龍一総務局長(60)だった。

 村上局長は「収入の範囲で予算を組むのが市長の方針です」と説明、労組側は「府と市の財政状況は違う。なぜ府のカット率に合わせるのか」と反発した。外野から眺めている府職員は「昇格させる人を矢面に立てるとは、モンスター橋下らしい」とつぶやいた。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる