石原都知事「私が1.8兆円増やした」

東京は財政状態も◎

 2016年の五輪開催地が、今年の10月に決定する。東京の他にはシカゴ(米国)、マドリード(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)の計4都市が立候補しているが、世界的な景気後退の中で、石原都知事は「わたしは都知事になってこの8年間、東京の財政を再建してきました。積立金を200億円しかなかったものを1兆8000億円にしました」として、他都市を戦々恐々とさせるに十分なアピールとなった。(以下石原都知事)


石原慎太郎・東京都知事
 アメリカでは法律の拘束があって、五輪の時に(シカゴが)破綻しても国は負担しないそうだから、保険会社に頼んだらしいですね。東京の場合は政府が(保証するという)紙を出して約束してくれました。でも、わたしは都知事になってこの8年間、東京の財政を再建してきました。積立金を200億円しかなかったものを1兆8000億円にしました。

 でも、国は財政立て直すと言って勝手に法律を変えて、各自治体の法人事業税の分割基準を変えて、東京から今年と来年3000億円ずつふんだくっていくんですよ。親が子供のポケットから金を取っていくみたいにね。

 格付け会社が、東京は日本の政府より2つ上のA1をつけています。だから、日本の政府に迷惑をかけることは絶対にないと思っていますし、国民のみなさんにご心配をかけることもありませんね。

 (開催すれば放映権料などはIOCからどのくらい入って来るのか)IOCから放映権料などのお金が開催地に配分されます。でもアメリカのTV局はわがままで、人気のある競技をゴールデンタイムにしろというようなことを言う。でも、アメリカのTV局は相変わらず強いんですか?

 そういえば、オバマ大統領はアメリカを変えると言っているけども、アメリカ人の高い物をすぐクレジットカードで買ってしまうような、ああいう体質は変わるんですかね?

 できる限りの準備はしています。無理なことをしてもしょうがないので(IOCに)公正な判断をしてもらうことを期待しています。

1 2 3 4 5
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる