トップ >  クオリティライフ >  M資金詐欺の黒幕は帝国ホテルに住んでいた「闇の番人」田中森一(6)

M資金詐欺の黒幕は帝国ホテルに住んでいた「闇の番人」田中森一(6)

 「詐欺事件はいつの時代でもある。手口はいろいろだが、本質は昔も今も変わりない」。田中森一は、まず大阪地検特捜部時代に窓口となった豊田商事事件を上げる。豊田商事事件は高齢者を中心に数万人が被害にあい、被害総額は2000億円近くと見積もられ、1985年には会長の永野一男がマスコミの前で惨殺された。この事件では告訴状が数多く届いたが、当初は詐欺としての立件を見送っていた。

「民事でやってください」が検察の本音

 「“絶対儲かりますといわれて、信用してカネを出した”これが詐欺といえるのか」


田中森一
田中森一氏
 絶対に儲かるものなんて世の中にない。常識があり判断能力もある大人が、そんな言葉に騙されても、欲ボケしているだけで法律的に詐欺とはいえない。カネを取り返したいなら民事裁判でやってくださいというのが、田中をはじめ検察のスタンスだ。では、詐欺として当局が本気になるのはどんなケースか。

 「豊田商事はおじいちゃん、おばあちゃんに手を広げた。こうなったら話は別だ」

 判断能力が極端に衰えた年寄りが騙され、なけなしのカネを取られとこが相次いだら断固、詐欺事件として立件しなければならない。

 「判断能力に欠ける社会的弱者は、幅広く救済しなければいかんのが、法律の立場だね」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする