エリート養成校「海陽学園」、保護者だけが知る本当の評価

コストパフォーマンス

 愛知県は進学実績が高い公立学校が多く、「公立王国」である。旭丘、一宮、岡崎、刈谷など東大合格者のランキングではいずれも上位に顔を出す存在だ。もちろん、私立には東海高があるが、全体的には公立が今でも幅を利かせている。

 そんな環境下で大きな期待を持って入ったのが海陽。「受験対策の学習に留まらず、多方面にわたっての体験を含めた学習が企画されたことは評価できる」という保護者もいた。

 ただし、東大合格という結果だけのコストパフォーマンスで見ると、少し疑問にも思えてくる。海陽は、入学金と入寮費60万円、学納金が年額237万円で1422万円。在学中の食費年額39万円が6年で234万円など諸々を含めて、6年間で費用は約1800万以にもなる。

 ところが、東大合格者で6年間私立に通った子どもの学校教育費と塾の費用は658万円、公立で309万円(プレジデント調べ)。もちろん、食費や寮費が必要ないだけ安くはなるのだが、これだけの大きな差が出てくる。

 そのため経営者、医師らの子弟も多いようだ。もちろん、普通のビジネスマンの家庭の子どもも多いというが、地域柄、トヨタ自動車系企業に勤める家庭もそれなりにいるのだという。私立校にありがちなもの、つまり「金銭的な募集は一切なかったし、贈答などについても教職員を含め、一切認めていませんでした」(別の保護者)ということについては、評価されていた。

 ただ、多額の費用を払うだけに、運営面ではたくさんの不満や要望が出ていることも事実だ。

1 2 3 4
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる