【月刊闇株新聞】最近の「増資マフィア」

増資マフィアはハイエナか


 「増資マフィア」とは、業績不振の上場企業に資金調達(増資)をエサに取り入り、大株主となって実質的に経営権を奪い、結局その上場会社を食い物にしてしまう輩(やから)のことを指すマスコミが作った名前です。「増資のハイエナ」とも呼ばれています。

 確かに、そういう輩が一部に存在することは事実です。それに最近同じように批判されている「増資インサイダー」とび、株式市場の資金調達(増資)、ひいては株式市場そのものが「怪しい」イメージとなっていることも事実です。

 もちろん増資マフィアの悪事や、増資インサイダーを擁護するつもりは全く無いのですが、このマスコミが命名した「増資マフィア」とは世間に誤って理解されていることも多いので、本日はここ10年ちょっとの株式市場の「増資ビジネス」の変遷も含めて簡単にご説明します。

1 2 3 4 5
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる