貯金1億円で資産運用!おすすめのポートフォリオや資産形成シミュレーション

貯金1億円で資産運用!おすすめのポートフォリオや資産形成シミュレーション
目次

貯金1億円ある人は資産運用を始めよう

貯金1億円ある人は「資産を守る」ことを意識しながら資産運用をすることが大切です。資産運用の安全性を高めるには複数の金融商品に分散投資することが重要であり、金融庁もリスクを減らす方法として分散投資を推奨しています。

リスクを減らす方法の一つに分散投資があります。分散投資には、「資産・銘柄」の分散や「地域の分散」などのほか、投資する時間(時期)をずらす「時間(時期)分散」という考え方があります。

金融庁『投資の基本』

分散投資をするには、投資対象の金融商品の配分比率を定めたポートフォリオを作成することが必要になってきます。事前にポートフォリオを作成しておき、ポートフォリオに則って投資をすることで、資産を守りながら資産を増やすことを目指せます。

この記事では、貯金1億円ある人が分散投資をする際のポートフォリオの一例を紹介します。それと同時に投資期間30年のシミュレーションも行い、長期投資による複利効果を検証します。

この記事はヘッジファンドダイレクト株式会社の「富裕層向け資産運用のすべて」と連動した記事となっています。

貯金1億円ある人におすすめの資産運用方法やポートフォリオ

はじめに、貯金1億円ある人が分散投資する際のポートフォリオの一例を紹介します。なお、資産運用は余剰資金で行うのが原則であるため、以下では貯金1億円ではなく、余剰資金1億円で資産運用することを前提とします。

資産運用方法資産の割合資産の金額
国債10%1,000万円
外貨預金20%2,000万円
株式投資15%1,500万円
不動産投資25%2,500万円
ヘッジファンド30%3,000万円

国債:1,000万円(10%)

1億円で資産運用する際のポートフォリオでは、1億円のうち10%の1,000万円を国債で運用すると安全性を高められます。変動金利型10年満期の個人向け国債の利回りは0.08%(2021年5月現在)であり、1,000万円を年率0.08%で運用すると年間8,000円の利益が得られます。

1,000万円を国債で運用しても利益はほとんど得られませんが、普通預金の金利の0.001%と比べると国債で運用する方が有利です。年率0.08%の低い利回りであっても、長期投資をすると複利効果で資産形成に寄与します。

なお、個人向け国債は最低金利保証があり、経済情勢に関係なく年率0.05%の利回りが保証されています。

外貨預金:2,000万円(20%)

1億円で資産運用をする際は、1億円のうち20%の2,000万円を外貨預金で運用すると、普通預金や定期預金で運用するよりも資産形成に寄与します。外貨預金の金利は通貨によって異なりますが、例えば米ドルの場合は0.01%程度です。

2,000万円を年率0.01%で運用すると、年間で2,000円の利益が見込めます。国債と同様に期待できる利益は少ないものの、普通預金の金利の0.001%と比べると外貨預金で運用する方が有利です。

また、1億円で資産運用をする際は「守りの運用」を心がけることが大切です。外貨預金や先ほど紹介した国債は利回りは低いですが、守りの運用に大きく貢献します。

株式投資:1,500万円(15%)

1億円で資産運用する際のポートフォリオでは、1億円のうち15%の1,500万円を株式投資に回すと資産を増やすことに貢献します。株式投資は銘柄によってはハイリスク・ハイリターンのものもありますが、資産全体の15%程度であれば問題ないでしょう。

株式投資の平均利回りは5%前後なので、1,500万円を年率5%で運用すると年間で75万円の利益が見込めます。さらに、株価が上がった時点で売却すると売却益が得られ、10%以上の利益の獲得も期待できます。

株式投資の注意点として、株価が大きく下落したときに備えて、損切りルールなどの投資の方針を事前に決めておくことが大切です。

不動産投資:2,500万円(25%)

1億円で資産運用をする際は、1億円のうち25%の2,500万円で不動産投資をするとポートフォリオのバランスが良くなります。不動産投資では、家賃収入から経費を差し引いた利益が毎月得られます。

2,500万円の自己資金があれば、投資できる不動産の選択肢も増えるので、条件が良い物件を選択できます。

不動産投資の利回りは物件によって異なりますが、都心のワンルームマンションに投資する場合だと約3〜5%の利回り(表面利回り)が期待できます。2,500万円を年率5%で運用できたとすると、年間で125万円の利益が見込めます。

なお、都心と比べると地方の物件はハイリスク・ハイリターンであるため、安全性を重視したい場合は立地条件が良い都心の物件の方が向いています。

ヘッジファンド:3,000万円(30%)

1億円で資産運用をする際は、30%の3,000万円をヘッジファンドで運用すると資産形成に大きく貢献します。ヘッジファンドは、不景気であっても年率10%以上の絶対収益の獲得を目指して運用するので、景気の状態に関係なく資産を増やせる可能性があります。

3,000万円を年率10%で運用すると、年間で300万円の利益が見込めます。ヘッジファンドはリスクヘッジ(リスク回避)しながら運用するため、安全性を重視して資産を増やしたい方に最適です。

なお、ヘッジファンドで資産運用するには最低でも1,000万円は必要になりますが、1億円の余剰資金があればヘッジファンドでの資産運用は可能です。

貯金1億円で30年間の資産運用シミュレーション

貯金1億円で30年間の資産運用シミュレーション

それでは次に、貯金1億円を1,3,5,7,10%の利回りで30年間資産運用したときのシミュレーションを紹介します。なお、これは利益を元本に再投資する複利運用によるシミュレーションになります。

利回り10年後20年後30年後
1%11,046万円12,202万円13,478万円
3%13,439万円18,061万円24,273万円
5%16,289万円26,533万円43,219万円
7%19,672万円38,697万円76,123万円
10%25,937万円67,275万円174,494万円

貯金1億円を年率5%で複利運用すると、運用を始めてから15年目に資産は2倍になり、30年目には4倍以上の4億3,219万円に増加します。年率10%の場合だと8年目に資産は2倍に増え、30年目には17倍以上の17億4,494万円になります。

年率3%の利回りでも運用開始後24年目に資産は2倍に増えるので、長期投資をすると複利効果で資産を大きく増やせることがわかります。ただし複利運用をする場合は、利益が出ても途中で現金化せずに再投資することが必要です。

なお先に紹介したポートフォリオの中では、株式投資や不動産投資、ヘッジファンドが利回り5%以上を狙えます。中でも資産運用のプロに運用を任せたい方は、安全性を高めて効率良く資産形成を目指すヘッジファンドの比率を高めるのが良いでしょう。

貯金1億円で資産運用するときのポイントや注意点

貯金1億円で資産運用する場合は、以下の3点に注意しましょう。

長期・積立・分散が大切

貯金1億円で資産運用する場合は、資産運用の基本原則である「長期・積立・分散」を忠実に守ることが大切です。これまで説明してきたように、分散投資をすることで投資のリスクが軽減し、長期投資をすることで資産を大きく増やせます。

逆に言えば、貯金1億円で資産運用する場合は集中投資と短期投資は禁物です。ただし、中にはヘッジファンドのようにリスクを抑えながら高リターンを狙える商品もあるので、ポートフォリオを組む際にヘッジファンドの比率を高めることを検討してみても良いでしょう。

資産を守ることを心がける

貯金1億円で資産運用する場合は、資産を守ることを心がけることが大切です。先のシミュレーションでも明らかなように、1億円の資金があればローリスク・ローリターンの金融商品でも、時間をかけると資産を大きく増やせる可能性があります。

ただし、ポートフォリオでハイリスク・ハイリターンの金融商品の比率を高めると、市況が悪化した場合に大損することがあるので注意が必要です。

どうしてもハイリスク・ハイリターンの金融商品で運用したい場合は、損切りルールなどの投資方針を決めておきましょう。

怪しい投資話には気をつける

貯金1億円で資産運用する場合は、怪しい投資話には気をつけるようにしてください。最近は富裕層を狙った詐欺事件が増えており、未公開株取引詐欺などには十分な注意が必要です。特に高齢者は詐欺師に狙われやすいので、甘い言葉には十分注意しましょう。

金融詐欺では、「必ず儲かる」「元本保証」などの甘い言葉を持ちかけて勧誘することが多いです。100%確実に儲かる金融商品は存在しないので、甘い言葉で勧誘する業者には気をつけるようにしましょう。

さらに、資産運用金額ごとに資産の増え方をシミュレーションしてみたい方は、以下のリンクもチェックしてみましょう。

500万円1,000万円2,000万円
3,000万円4,000万円5,000万円
6,000万円1億円3億円
5億円10億円

貯金1億円の資産はヘッジファンドで運用するのもおすすめ

ここまで見てきた通り、貯金が1億円ある方は元手となる資金が大きいため、極端にリスクを取らずとも堅実な運用をすることで資産形成を狙えます。長期的な視点をもって、うまく金融商品を分散させながら運用するようにしましょう。

一方で1億円という資産を、リスクを抑えながらある程度の利回りで運用したいというニーズを持つ方も多いでしょう。

そんな方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、リスクを分散しながら絶対収益を狙う優良ヘッジファンドを紹介しているので、あなたのニーズに合わせて1億円の資産運用をするサポートをします。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる