トップ > 

注目ニュースピックアップ

債券ファクター投資戦略、広がりを見せる

債券ファクター投資戦略、広がりを見せる

最近債券へのファクター投資が活発になってきた。株式市場に採用されていた手法が、債券投資にも広がることによって、投資の可能性が高まると期待される。

ヘッジファンドとは何か?総力特集

ヘッジファンドとは何か?総力特集

富裕層に選ばれるヘッジファンド。その真実をすべて解き明かす完全保存版

10年間でもたらした運用益180兆円

ヘッジファンドが投資家にもたらした運用益は約180兆円とAIMAが発表した。

ヘッジファンドが投資家にもたらした運用益は約180兆円とAIMAが発表した。

仮想通貨で10億円キャッシュバ

おすすめ:仮想通貨で10億円キャッシュバック

購入金額の20%を仮想通貨(暗号資産)でキャッシュバックするサー・・・


メイク・マネー

報酬1位、リターン160%の天才、シモンズ

2014年、2015年のヘッジファンドマネジャー報酬額のトップはグリフィンとなっているが、ほぼ同額の約17億ドルを稼いだとされるヘッジファンドマネジャーが、ジェームズ・シモンズだ。
グリフィンの台頭以前は長年にわたり、何度も報酬ランキングの1位を獲得してきた人物でもある。

シモンズ氏本人は積極的にメディアに登場することを嫌い、あまり素顔を知られていない。しかし、ヘッジファンド業界では、異彩を放つユニークな人物でも知られており、
英紙フィナンシャル・タイムズには「最も賢い億万長者」と評されるなど、その評価は高い。

シモンズの功績は、ヘッジファンドに数学的なアプローチを取り入れ、 コンピューター主導の取引の仕組みをつくったことだ。 >> 続き

投資・資産運用(メイクマネー)バックナンバー

クオリティライフ

海外投資新聞

海外投資新聞をもっと読む >>

繰り返し読まれている記事

ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする